稲田豊史 編集者/ライター

ABOUT ME

映画配給会社および出版社で、ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集記者と編集長、書籍編集者を経てフリーランスとなる。仕事範囲は書籍・ムック・雑誌の企画・取材・編集・ライティングほか、各種インタビュー、メルマガ・S

NS運営管理、イベントや座談会の企画・司会進行など。主な分野は映画、お笑い・バラエティ、マンガ、アニメ、その他ポップカルチャー。エンタメビジネス、80〜90年代文化、藤子・F・不二雄、デジタルガジェット、女子論も得意。

『逃げ出す勇気 自分で自分を傷つけてしまう前に』(ゆうきゆう・著/角川新書)の構成を担当しました

  • 2018.04.07

 

構成を担当した『逃げ出す勇気 自分で自分を傷つけてしまう前に』(ゆうきゆう・著/角川新書)が2018年4月7日に発売されました!

 

著者は『マンガで分かる心療内科』でおなじみ、精神科医のゆうきゆう先生。企画・編集は『ひとりぼっちを笑うな』『うつヌケ』のKADOKAWA菊地悟さん。帯は田中圭一先生。生きることを楽にするための「逃げ出す方法」が実践的に指南されています。

 

書籍の構成仕事は10数冊目ですが、今までで一番、著者の主張に同意しました。死にたいほどつらい理不尽に無理して耐え続けても、良いことなんてひとつもない。1秒でも早くそこから去り、別のことにエネルギーを注いで力を蓄えるべし。それは私自身の信条でもありますゆえ。

 

春という季節は、新生活にまつわる人間関係のストレスはじめ、ブラック企業への入社後悔、不本意な人事、突然の離別や五月病等、メンタルがやられがちです。ご家庭での常備ほか、友人や同僚へのプレゼントにもぜひ本書を!

 

ちなみに制作真っ最中の昨年10月、ゆうき先生が文春砲を喰らいました(笑)。そのときのゆうき先生のつらい心情を推し量りながら読むと、また別の楽しみ方もできるでしょう。