稲田豊史 編集者/ライター

ABOUT ME

映画配給会社および出版社で、ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集記者と編集長、書籍編集者を経てフリーランスとなる。仕事範囲は書籍・ムック・雑誌の企画・取材・編集・ライティングほか、各種インタビュー、メルマガ・S

NS運営管理、イベントや座談会の企画・司会進行など。主な分野は映画、お笑い・バラエティ、マンガ、アニメ、その他ポップカルチャー。エンタメビジネス、80〜90年代文化、藤子・F・不二雄、デジタルガジェット、女子論も得意。

1974年 愛知県春日井市に生まれる

1993年 横浜国立大学経済学部入学

1997年 映画配給会社ギャガ・コミュニケーションズ(現・ギャガ)に入社。作品買い付けのサポート部署に配属

1998年 社内異動で出版部門へ。ゲームショップ向け業界誌「デジタルメディア・インサイダー」(のち「デジタルメディア・ナビゲーター」に誌名変更)の編集記者となる。ゲーム関連のビジネスニュース執筆やゲームショップ取材などを行う

2001年 DVDセル店向け業界誌「DVDナビゲーター」の編集記者となる。パッケージメディア関連のビジネスニュース執筆や、DVDメーカー・流通業者・ショップ取材などを行う

*編集部に在籍中、出版部門が独立分社してギャガ・コミュニケーションズの子会社となる。その後ギャガグループから離れ、老舗映画誌の出版社・キネマ旬報社と合併(2008年)

2008年 キネマ旬報社所属となる。「DVDナビゲーター」編集長に就任。映像エンタテインメント業界の経営者インタビューなどを行う

2010年 出版部に異動。一般書籍を企画・編集する。独立後の活動にもつながる季刊お笑いムック『全方位型お笑いマガジン コメ旬』(2011〜12年)、『団地団 ベランダから見渡す映画論』(2012年)などを企画・刊行

2012年 キネマ旬報社を退職

2013年 フリーランスとして独立

2015年 初単著『セーラームーン世代の社会論』刊行

2017年 2冊目の単著『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』刊行

現在は雑誌やWEBのコラム連載、書籍編集、ブックライティング(カルチャー、社会学からビジネス、啓発系まで)ほか、トークユニット「団地団」の一員として不定期のトークライブに登壇中。