稲田豊史 編集者/ライター

ABOUT ME

映画配給会社および出版社で、ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集記者と編集長、書籍編集者を経てフリーランスとなる。仕事範囲は書籍・ムック・雑誌の企画・取材・編集・ライティングほか、各種インタビュー、メルマガ・S

NS運営管理、イベントや座談会の企画・司会進行など。主な分野は映画、お笑い・バラエティ、マンガ、アニメ、その他ポップカルチャー。エンタメビジネス、80〜90年代文化、藤子・F・不二雄、デジタルガジェット、女子論も得意。

構成担当書籍『それ、なんで流行ってるの? 隠れたニーズを見つけるインサイト思考』発売

  • 2017.12.22

編集協力(いわゆる「構成」)でお手伝いした『それ、なんで流行ってるの? 隠れたニーズを見つけるインサイト思考』(原田曜平・著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)が書店に並びました!

 

原田さんの本をお手伝いするのは『ヤンキー経済』『新・オタク経済』『パリピ経済』に続いて4冊め。今回は「流行しているものが流行している理由」を、広告業界では当たり前に使われている(けど、ちゃんと理解されていない)「インサイト」の概念を交えて、超ーーー絶簡単&コンパクトに解説します。

 

流行語大賞を獲得した「インスタ映え」ほか、『君の名は。』や『うんこ漢字ドリル』がヒットした理由、時事漫才で話題になったウーマンラッシュアワー村本さん(原田さんが親しいのです)のエピソードなども盛り込みました。ご興味ありましたら、ぜひ!

 

余談ですが、小見出しで立てた「インサイトが9割、伝え方は1割」には、原田さんの主張が凝縮されています。はい、某ベストセラーへの異議ですね(笑)

保存保存

保存保存