稲田豊史 編集者/ライター

ABOUT ME

映画配給会社および出版社で、ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集記者と編集長、書籍編集者を経てフリーランスとなる。仕事範囲は書籍・ムック・雑誌の企画・取材・編集・ライティングほか、各種インタビュー、メルマガ・S

NS運営管理、イベントや座談会の企画・司会進行など。主な分野は映画、お笑い・バラエティ、マンガ、アニメ、その他ポップカルチャー。エンタメビジネス、80〜90年代文化、藤子・F・不二雄、デジタルガジェット、女子論も得意。

いくどん赤羽店トークショー超楽しかった!

  • 2020.02.19

昨夜のいくどん赤羽店トークショー盛り上がりました! 電波に乗らない、文字にも残らないのをいいことに、特に質問タイムでは普段しない話を存分に。Yoshiさんのギターと吉留明日香さんの歌声もグルーヴィー!お店の雰囲気は本当に素晴らしく、ホルモンも超おいしい。また話したいし、行きたい。即売でたくさんサインさせてもらって、色々声かけてもらって、心から嬉しかったです。

客席が近いので、トーク中突然お客さんと絡んだりできて最高w
Yoshiさんと吉留明日香さん。サザンの『LOVE AFFAIR~秘密のデート~』熱唱中。選曲理由は「不倫の歌だから」w


離婚経験者のお客さまと個別に長々話し込んだり、婚約破棄話を掘り下げたりと、イベント後もずーっとお店で飲み続けましたw 「べき論」は離婚フラグ、日本では男女交際の「教育」が必要、など、クリティカルで有意義な議論も。お相手してくれた小林渡さんとはまた何かやりたいなー。

お客さんと。整体店の方たちだそうです。
店長のマーシーさんほか、スタッフや出演者で記念写真。


離婚の話をタブーにしない、は『ぼくたちの離婚』刊行後の大テーマでもあるので、フレンドリーでポジティブな会場のノリはばっちりハマりました。イベント後の歓談では「離婚したことを親族に言わない問題」が複数報告されていましたが、離婚を腫れ物扱いする一部の風潮には、今後全力で歯止めをかけたい所存。