稲田豊史 編集者/ライター

ABOUT ME

映画配給会社および出版社で、ゲーム業界誌の編集記者、DVD業界誌の編集記者と編集長、書籍編集者を経てフリーランスとなる。仕事範囲は書籍・ムック・雑誌の企画・取材・編集・ライティングほか、各種インタビュー、メルマガ・S

NS運営管理、イベントや座談会の企画・司会進行など。主な分野は映画、お笑い・バラエティ、マンガ、アニメ、その他ポップカルチャー。エンタメビジネス、80〜90年代文化、藤子・F・不二雄、デジタルガジェット、女子論も得意。

祝・ヤフトピ入り!『映画ドラえもん のび太の宝島』興収分析記事

  • 2018.03.10

プレジデント・オンラインで連載中の「『週末1位映画』を観る」『映画ドラえもん のび太の宝島』分析回がめでたくヤフートピックス入りしました!

 

映画ドラえもん マンネリ断つ/『のび太の宝島』が歴代最高になった理由
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6274909

 

内容は『のび太の宝島』の絶好調スタートにひっかけた映画ドラ38作分の興収分析です。ここ数年、誰に頼まれるわけでもなくシコシコやってた自由研究を、まさか商業メディア(しかもビジネス系)で発表できるとはっ! 2005年の声優交代の意味についても、私のドラえもん観が炸裂しています。まさに渾身、愛をぶち込みました。

 

しかし…いつものWEB記事の高PV回と比べても、周囲やTwitterの反応が(気持ち的には)3桁くらい違う。ヤフトピ半端ねえ。ともかく、たくさんの方に読んでいただけて嬉しいことこの上なし!

 

今後ともよろしくお願いいたします。

保存保存